2005年11月21日

仮面ライダー響鬼 トークショー&抽選会

東映太秦映画村でのイベントへ行ってきました。私が参加したのは13時の回です。
覚えている限りでレポートしてみたいと思います。

司会者に促され、最初に登場したのはヒビキ役の細川さん。すぐには姿を現さず、壁からひょこっと顔を覗かせ、さっそくお茶目な一面を見せてくれました。お召し物は紺のジャケットに白いシャツ、Gパン。靴はよく見えませんでした。
次に登場したのはイブキ役の渋江くん。役柄同様の雅やかな空気が漂ってました。細いです。とにかく細い。お召し物は黒の皮のライダースジャケットとGパン。こちらも靴までは確認できませんでした。
3番手はトドロキ役の川口くん。この方は画面で見るよりもスマート(体型ではなく雰囲気が)で、おとなしめの登場です。お召し物は…これがちゃんと覚えてなくて…。ダメージジーンズにジャケットは黒でしたがインナーに関する記憶がありません。ごめんなさい、川口くん。
そして最後にザンキ役の松田さん。既に並んでいる3人の後ろを通り、一番右側、司会者のお隣へ。お召し物は黒のジャケットに白いシャツ、白っぽいパンツにゴールデンブラウンの靴でした。


司会者が振る話題に対して順番に答えていく形で進行されていました。内容、順序ともに明確には覚えていませんので印象に残っている事を箇条書きで記します。

・松田さんは自己紹介から飛ばしてました。「まーちゅーだーけんじです。」更に謎賭けまで始めましたがオチを用意してないという、出演者・会場一同失笑のご挨拶でした。

・渋江さんは子供の頃ご家族で映画村に来た事があるそうです。

・質問は忘れてしまいましたが、松田さんが長々と答えようとしたところを川口くんに「長いっ」と断ち切られていました。番組とは逆の師弟関係だと、司会者にまで言われてました。

・印象に残っているセリフ
 川口くん…「ザンキさぁ〜〜ん」(情けない声で)
 渋江くん…「あきらっ!」
 松田さん…川口くんと対になるように「トドロキ」と言うも、司会者に認めてもらえずしばし睨みあい。結果「自分流でいけ」に変更となりました。
 細川さん…数歩前へ出て「俺の出番だな」を鼻を親指で触るポーズ付きで。サービス満点です。もう一つ「戸田山はカワイイ、カワイイ、カワイイ」のザンキさんの物真似も披露。収録では松田さんが笑ってしまってNGを出し、それをこの場でも謝罪してました。

・それぞれに決めポーズについて解説。
 川口くん…最初無言でポーズだけを披露したら細川さんから「何か言え」とご指摘が。考えた末に「よろしくっす」と付け加えてました。その後、細川さんが「シュッ」と決めたとき、自分にも擬音が欲しいと訴えますが、いいのが思いつかず「アドリブに弱い」と追い討ちをかけられる羽目に。
 渋江くん…最近作中でやってないので忘れかけているご様子。たちばなに入ってくる時の感じということでやっていましたが、妙に軽い感じでした。
 松田さん…両手でやろうとしてマイクを落としました。
 細川さん…「シュッ」がすっかり身に付いてる感じです。
最後に4人が同時にポーズを決めていました。

・本編の今後について、細川さんが最終回の打ち合わせをしたことを話しました。当初の予定から二転三転しての結末になっているそうです。


あっという間のトークショーの後は抽選会でした。
劇場版のジオラマ、サイン入りカレンダー、サイン色紙、サイン入りDAがテーブルに並べられます。この抽選会、淡々と進むかと思いきや、またも細川さんのお気遣いにより各々のサインの解説が行われることに…。

 松田さん…「上に斬(○で囲んであります)、K…なんちゃらなんちゃらnjiで、最後に松田のMです。」日付まで事細かに説明されました。ここで細川さんが「松田賢二さん、なんですね。」と名前を知らないはずがないのに確認を。
 川口さん…「そのまま川、口、真の…五と。」(左上から斜めに読める字で書かれています。)
 渋江さん…細川さんに「これこそ解説してもらわないと」と言わしめる複雑そうなサイン。「他の人のマネージャーさんに考えてもらいました。じょー…じ、しぶえと書いてあるそうです。」
 細川さん…(左から)細、川、茂、樹と略して(というようなニュアンスの言葉)書いてあります。そして今回から響鬼ステッカーがつくことになりました。」右上に黄色地に黒で響鬼のロゴが入ったステッカーが貼られていました。

一通り用意されたプレゼントの抽選が終わった後、細川さんからのプレゼントがあるという紹介が。最近健康グッズにハマっているという細川さんオススメの小顔グッズが。川口さんをはじめ皆さん興味津津だったので細川さんがあとで差し上げますとお約束を。ゲルマニウム入りの靴下もオススメだそうです。

このイベントは『オロナミンC プレゼンツ』と謳われていたので随所にポスターが貼られ、響鬼がオロナミンCを配り、ヒーローショーにも小道具として使われていました。細川さんの口から「この後、ボクがみなさんにオロナミンCを配ります。」と仰ったので、大多数の方が指定の場所に並んで待っていました。

…が。
配布していたのは変身後の響鬼。あながち嘘ではないのですが、細川さんを近くで拝見できると思っていたので苦笑いです。既に朝、響鬼からいただいてましたし。冷静に考えれば、そんな混乱するようなことするわけがないとわかりそうなものですが、トークショーで舞い上がっていたので額面どおりに受け取ってしまいました。でも私だけじゃないはず…。


記憶違いの部分も多々あるかと思いますが、こんな感じのイベントでした。長々とお読みいただいてありがとうございます。私自身が参加できなかったイベントについて出来る限りの詳細を知りたいと思ってレポートを探すので、この拙い文章が、どなたかのお役に立てれば幸いに思います。






posted by もんど at 12:37| Comment(2) | TrackBack(3) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
太秦に参加できず、レポートを探しているうちにこちら様に辿り着きました。
詳細なレポをありがとうございます!
鬼の皆さんの楽しい様子や、素敵な姿が目に浮かぶようでとても嬉しかったです。
会場に気を配る細川さん、かっこいいですね。ますます惚れ直してしまいました。
Posted by るう at 2005年11月21日 22:15
私は3時のトークショーに参加しました。ヒビキさんは、こういうのに慣れているのか、仕切ってましたね。トドさんがほんまにふつーの話し方(少しおさえてたのかな?)だったんだけど、個人的には、”〜っす”が聞きたかったな。ザンキさんは登場も退場も躓きながらの小ネタを入れて、ほかにも軽い笑いをとろうと頑張ってました。(すべってたけど、それも考えてのこと?)イブキさんはやっぱり爽やか〜としてました。ヒビキさんいわく「京介っていいやつだ」とかトチハラ君とラーメン食べに行った話なんかして共演者にスポットライトあててましたね。気になる今後のストーリーも、ネタバレしようとして司会者や周りの人に止められてましたが、「王道を行く」と宣言されてましたので、きっと満足いく結末になるんじゃないでしょうか。
最後に抽選会でヒビキさんサイン入りのディスクアニマルセットが当たり、子供も大喜び。だけどこれは家宝にするのだと言い聞かせ別のディスクを買わされることになりました。
Posted by いいっすねぇ at 2005年11月22日 00:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9618050

この記事へのトラックバック

京都太秦 仮面ライダー響鬼トーク&抽選会
Excerpt: もう寝なくてはいけない時間なんですが、貴重な体験レポートを アップしてくださっているblogさまをリンクでご紹介。 □晴れ、時々ブログさま □りさのネット収入運営日記さま ??..
Weblog: 響く鬼ってどんなオニ?
Tracked: 2005-11-23 11:44

オトナの京都
Excerpt: 日帰りで京都小旅行へ。 紅葉シーズン真っ盛りの京都。広隆寺の弥勒菩薩は17年ぶりくらいでしょうか…京手ぬぐいをお買い物して、イノダコーヒーでアラビアの真珠をいただく。最後は水たきおいしかったね..
Weblog: 麻布十番通信
Tracked: 2005-11-29 16:35

響鬼との思い出3
Excerpt: 太秦にて。
Weblog: 麻布十番通信
Tracked: 2006-01-23 16:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。